広告
幸福実現党 加藤文康 日本はフィリピン支援の先頭に立て  2013年11月13日(水) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 01:13:06 «Edit»
2013
11/13
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

日本はフィリピン支援の先頭に立て  2013年11月13日(水) 


史上最大規模の台風30号がフィリピンを直撃し、被災者は1000万人、死者は1万人以上になるとの報道です。被災地の皆さんに、心よりもお見舞いを申し上げます。

フィリピンといえば、一昨年の東日本大震災に際して、かなりの規模の医療支援チームを派遣してくれたのは記憶に新しいところです。一方、今回の日本政府の対応はわずか25名の医療チーム派遣にとどまるとのニュースに、私も思わず情けなくなります。政府は本当に、フィリピンの戦略的重要性を理解しているのでしょうか。

現在、深刻な中国の軍事的侵攻に直面しているのがフィリピンです。
わが国にとっても、戦略的要衝に位置するだけでなく、自由と民主主義の価値観を共有し、共に東アジアの平和と繁栄を築いていくパートナーであるのは間違いありません。

2004年のインド洋大津波では、インドネシアに速やかに自衛隊の艦船を派遣した日本政府ですが、今回はなぜ、そのカードを切らないのでしょうか。地震や台風からの復旧活動にも、世界で最高水準の実力を持つ自衛隊が今こそ、日の丸を掲げて馳せ参ずべき時であるのに、まさか中国あたりに遠慮でもしているのでしょうか、、。

因みに、本年12月には東京で、ASEANとわが国との交流40周年を記念する首脳会議が開催されます。
日本こそ、中国の軍事的脅威に対抗する東アジアの盟主であることの世界に示す、大いなるチャンスといえましょう。

人道的観点に加え、戦略的視点からも、ここは徹底的なフィリピン支援が必要であると考える次第です。