広告
幸福実現党 加藤文康 両陛下インドご訪問   2013年12月2日(月) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:50:20 «Edit»
2013
12/02
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

両陛下インドご訪問   2013年12月2日(月) 


天皇、皇后両陛下がインドをご訪問中です。
53年ぶりとなるご訪問に、皇后陛下は「センチメンタルジャーニー」と感慨深いその想いを語られましたが、迎えるインド側も、シン首相夫妻や外相以下、各閣僚が空港まで出迎えるなど異例の厚遇ぶりです。
正史だけで2700年近い歴史を誇る皇室への敬意が、その記事だけでも、ひしひしと伝わってきます。

21世紀の大国・インドとの関係強化は、我が国の外交戦略の要でありましょう。それだけに、今回の両陛下ご訪印はまことに時宜に適った、重要なものといえます。

秋のインド亜大陸は比較的過ごしやすい季節と言われますが、それでも穏やかな日本とは異なった、あの過酷な自然環境の大地であります。安倍首相も3年前の参院選後、無理してインドに行ってお腹をこわし、一気に退陣となりました。
ご高齢をおして激務をこなされます両陛下に、ただただ心よりの感謝と敬意を捧げますとともに、ご体調万全、無事のご帰国を心より祈念申し上げる次第です。

それにしても日本のマスコミ各社、愚にもつかない記事ばかり載せているのに対して、両陛下ご訪印の記事が少な過ぎないでしょうか。新聞社も、こんな大切なご訪問なのですから社会面の片隅にチョコっと載せるのではなく、ドンと一面記事にでもすべきです。
日本人がインドへの関心を深め、未来志向の二国間関係を築いていく最大のチャンスが、まさに今なのですから。


さて私、今宵はあの過酷な大地での若き日の放浪を思い出しながら(もう30年も経つのですね~)、インドカレーでも食べようか、とそんな気分です。
ではまた。