広告
幸福実現党 加藤文康 ネルソン・マンデラ氏   2013年12月8日(日) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 16:07:16 «Edit»
2013
12/08
Sun

Category:日々の加藤と仲間たち

ネルソン・マンデラ氏   2013年12月8日(日) 


ネルソン・マンデラ氏が南ア・白人政府に逮捕されたのは1962年、ちょうど、私が生まれた年でした。
その後、国家反逆罪で終身刑となり、ケープタウン沖のあのロベン島刑務所などで獄中生活。
ようやく1990年に釈放されますが、その時には私も27才になっていました。

27年間も刑務所に服役しながら、釈放後の1994年には南ア初の黒人大統領に就任。
アパルトヘイト廃止で報復に怯える白人と、憎悪をむき出しにする黒人を前に、許しと和解を訴えるだけでなく、全ての人が調和と平等な機会の下に暮らす、多人種共存のレインボー・ネーション(虹の国)建設という理想を語りました。
そして1999年、任期満了時には権力に執着することなく、恬淡と政界を引退。
そこには、不屈の闘志に信念、そして愛と勇気と、真なるリーダーシップがありました。

白人による植民地支配の時代を終わらせるべく、我が国は第二次世界大戦を戦いましたが、歴史を鳥瞰する限り、マンデラ氏こそ、そうした時代に終止符を打った偉人として、後世に記憶されることでしょう。

アフリカ最南端の国が生んだ巨星ネルソン・マンデラ氏、その奇跡のような95年の生涯に敬意を表しつつ、ご冥福と霊界でのさらなるご活躍をお祈り申し上げます。