広告
幸福実現党 加藤文康 「反原発運動」 終わりの始まり 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 14:35:51 «Edit»
2014
02/10
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

「反原発運動」 終わりの始まり 


記録的な豪雪の翌日に投開票を迎えた東京都知事選、残念ながら低い投票率に終わりましたが、一方で、大きな意義のある結果であったと思います。

都知事の椅子を、都政とは直接関係のないシングルイシューで勝ち取らんとする楽隠居の元首相二人組の手法を、私は一貫して批判してきましたが、幸いなことに、都民の審判は実に健全で、かつ常識的なものでありました。
そして、連中が自ら蒔いた種ではありますが、結果として今回の都知事選は、我が国の左翼・反原発運動が凋落する、歴史的節目に間違いなくなりました。

化石燃料の追加輸入のために毎日100億円以上の国富が流出しているこの緊急事態を、一刻も早く終わらせなければなりません。そして、原発の断固推進と、東京オリンピック・パラリンピックの大成功で、日本の新たな黄金時代を築かなければなりません。
幸福実現党は、これからもポピュリズムに走ることなく頑張ってまいります。


さて、新都知事に当選した舛添要一氏ですが、私の東大駒場時代の恩師でもあります。
(英語も含めた課題図書をポンポンと指定し、海外での学究経験も踏まえて颯爽と講義する姿に、ついこの間まで高校生だった私は、“これが学問の世界なのか~”と衝撃を受けたものでした。)

前途多難な道ではありましょうが、ひとたび当選した以上、
政治学者としての見識に加えて、立法府や行政府での幅広い経験も生かして、全ての都民のために頑張ってくれることを期待する次第です。