広告
幸福実現党 加藤文康 所用、出張、、胸部打撲、、、 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 02:51:05 «Edit»
2014
04/06
Sun

Category:日々の加藤と仲間たち

所用、出張、、胸部打撲、、、 


満開の桜のもと、新入社員が初々しく街を歩く4月4日、そんな春らしい気分を台無しにする、何とも情けないニュースに接してしまいました。

衆院本会議で、トルコとUAEに原発輸出を可能とする原子力協定の承認案が採決され、賛成多数で可決されました(この決論自体は、国益に適った妥当なものと考えます)が、そうした大事な採決に、民主党の菅直人元首相は「体調不良」、馬淵澄夫選対委員長は「所用」、古川元久元国務相は「出張」、日本維新の会の石原慎太郎共同代表に至っては「胸部打撲」とやらで、いずれも欠席です。
自民党も、秋本真利代議士が採決直前に国会内の医務室に駆け込む芝居までして、責任を放棄する始末。(この秋本氏、初めて名前を聞く人物ですが、情けなさを通り越して笑ってしまいました。)

党議への造反として、国会議員が採決を「欠席・棄権・途中退席」するのは、以前からよくある手段であります。
されど、国会議員として最も基本にして大切な職務を、姑息な理由までつけて放棄する姿勢に、私は釈然としないものを感じます。

国家国民の幸福を願って無我なる心境で判断し、信念に基づいて正々堂々と行動する、そして結果については潔く受け入れる。
難しいことではありましょう。されど、リーダーたるもの、やはりそうありたいものですね。
自戒も込めて、一言、言及した次第です。


さて、すっかり夜も更けてしまいました。
明日は早起きして、仕事前に桜を見ようと思っていたのですが、、。
おやすみなさい。