広告
幸福実現党 加藤文康 正義のため がんばれ 小保方さん!! 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 11:48:28 «Edit»
2014
04/11
Fri

Category:日々の加藤と仲間たち

正義のため がんばれ 小保方さん!! 


「がんばれ 小保方さん!」を前回、書きましたが、今回はその続きです。

報道によると、
小保方さんに対する理研の聞き取り調査は、体調の優れない彼女に対して威圧的な雰囲気のもとで行われ、特に一方的にイエスかノーかの回答を迫って弁明を許さない、ヒドイものだったようです。
袴田事件すら想起させるこのような取り調べで、論文の捏造や改竄という、科学者にとっての「死刑」判決を出す姿勢に、若き女性天才科学者を抹殺せんとする、底知れぬ嫉妬と悪意を感じます。

日本国憲法31条は、法定手続きの保障を定めます。これは、公権力による刑事法の領域に限定されることなく、汎く国民生活全般を貫く法理と考えるべきです。
私も学生時代に興味本意で読みましたが、スターリン施政下のソ連にも刑法はありました。また、そこまでヒマではないのでよく知りませんが、今の北朝鮮にも刑法はありましょう。
されど、こうした国々で、適正手続を定める刑事訴訟法が機能していないのは明らかです。

要は、理研の幹部よ、よく知りなさい!
いやしく人様を罰したり、不利益を課す以上、あらゆる段階で被疑者の人権を最大限配慮し、特に弁明・反論の機会を充分に担保するよう努めるのが文明国であり、先進国なのです。

昨日、小保方さんは理研に不服申し立てを行いました。
STAP細胞を待ちわびる全ての人のために、
未来の科学の発展のために、
そして、正義と真理のために、
最後まで正々堂々、戦い抜いてください。
小保方さん、頑張れ!!