広告
幸福実現党 加藤文康 TPP 日米合意を急げ! 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 01:14:59 «Edit»
2014
04/26
Sat

Category:日々の加藤と仲間たち

TPP 日米合意を急げ! 


国賓として来日したオバマ大統領と安倍首相との首脳会談ですが、
オバマ大統領からは、尖閣諸島が日米安保条約の適用対象であるとの明言に加え、集団的自衛権行使容認への支持もありました。
台頭著しい中国の軍事的脅威を前にした日米同盟の強化という観点では、今回の首脳会談はとても大きな成果があったといえましょう。

一方、TPPを巡る日米合意は先送りされました。残念でなりません。
TPPこそ、我が国の新たな経済成長の起爆剤であるだけでなく、経済・貿易面に軸足を置いた新たな日米同盟の強化に他なりません。

私はちょうど今、鹿児島から帰京したところですが、察するに安倍首相、4月の消費増税に加えて、TPPで譲歩することで農家票も失い、鹿児島二区補選に敗北することを恐れているのかもしれません。
されどオバマ大統領、安保面で日本側の希望を叶えることでTPPでの譲歩を引き出し、11月の中間選挙への得点を狙っていたはずですので、今頃、怒り心頭! 韓国で朴クネ大統領と従軍慰安婦問題あたりを肴に日本批判で盛り上がっているかもしれません。

我が国が一部の農家保護という国内事情に拘泥して大局的見地を見誤ると、オバマ政権が一気に日本を見限り、中国との関係強化に傾く危険性もなくはありません。今回の日米首脳会談は一定の成果がある一方で、将来に向けたリスクも内包していると思います。

「我が国は、アメリアに多少の譲歩をしてでもTPP交渉の合意を急ぐべきである。」
これが国益と戦略的観点に基づいた本日の結論です。





25日(金)、桜島をバックに。
まつざわ力(写真には写ってはいませんが)、あと一日、全力で頑張ります!
20140425_135009_convert_20140426013255.jpg