広告
幸福実現党 加藤文康 心配な司法の暴走 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 15:01:57 «Edit»
2014
05/24
Sat

Category:日々の加藤と仲間たち

心配な司法の暴走 


今週は、思わず疑問を抱かざるを得ない判決が二つ、続きました。

一つは、神奈川県の厚木基地訴訟で、
横浜地裁が自衛隊機の夜間飛行差し止めを命じました。
確かに、周辺住民の騒音被害は深刻でしょう。
されど、一地方裁判所が、自衛隊の運用という極めて政治的なテーマに介入することが妥当なのか。
小野寺防衛相が「受け入れ難い」とコメントしたのも至極当然でしょう。

もう一つは、福井県の関西電力・大飯原発訴訟で、
福井地裁がなんと、運転差し止めを命じました。
原発の安全性が大切なのは論を待ちませんが、
これまた一地方裁判所が、国家のエネルギー政策に露骨に介入してくることには、空恐ろしさを感じます。

我が国の安全保障や、エネルギーの安定供給に重大な支障が出た場合に、国民から選挙で選ばれた訳ではない裁判官に、本当に責任がとれるのでしょうか。
裁判官一人ひとりに、国家の命運を決めるほどの権限が、本当に与えられているのでしょうか。
これは突き詰めれば、
「国家運営に関して、誰が最終責任を負うのか(誰が国家元首なのか)」という問題に対して、日本国憲法が明確な答を出していない現状(要は欠陥憲法)という現状も関係しているように感じます。

まあ、
こんな判決がずっとまかり通る訳はありませんので、必ず控訴審で覆ることではありましょう。
されど、「司法権とその限界」に関して、改めて考えさせられる判決であったと思います。

以上、甲府に向かう電車の中での雑感でした。
富士山がキレイです。皆さん、良い週末をお過ごしください。





追記  昼寝から目覚めてのびをする、我が家のミケ。 癒されます
20140524_142054.jpg