広告
幸福実現党 加藤文康 「集団的自衛権」 国会集中審議を聞いて 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:22:56 «Edit»
2014
07/14
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

「集団的自衛権」 国会集中審議を聞いて 


昨日、「集団的自衛権」の行使容認に関する集中審議が、
閉会中の衆院予算委員会で、特別に開催され、今日は参院でも開催となります。

我が国が生き残る上で絶対に必要なことを、勇気をもって決断している安倍政権ですが、
これまでの説明はやや細かな論点に傾き、その本質と重要性が本日の国会での論戦を含め、今一つ、国民に伝わっていないのが残念です。

因みに、「集団的自衛権」の行使容認の強行が、
日曜日の滋賀知事選の結果が影響したとか、
安倍政権の支持率急落に直結しているとか、
マスコミもなにかと賑やかですが、
そもそもを言えば、
マスコミの適正を欠く偏った報道が、国民の漠然とした「判らない」という気持ちと連動して、
国家の将来を危うくしているのが現実ではないでしょうか。

自国が攻め滅ぼされようという危機に際して、
共に戦ってくれる仲間との同盟関係を強化するのは、
主権国家としてあまりに当然の戦略的判断であります。
また、仲間が敵に襲われるようなこと(恐れ)があれば、
助けに駆けつけるのも、人間として、国家として、
正義と信義に基づいた行動でありましょう。

「集団的自衛権」の行使に向けては、多くの法整備が必要であり、その過程は難航が予想されますが、
我が党は、今後も党利党略抜きで、正しいことは正しいと主張し、真なる国益を念頭に行動してまいります。
安全保障政策への取り組みは、「待ったなし!」なのですから。




20140622_100139.jpg