広告
幸福実現党 加藤文康 モディ印首相の訪日を歓迎する 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 14:24:58 «Edit»
2014
09/02
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

モディ印首相の訪日を歓迎する 


本日は久しぶりに太陽が輝き、夏の空が戻ってきましたね。

さて、党本部のある赤坂・永田町界隈には、黄・白・緑のインド国旗が至る所に掲げられておりますが、インドのナレンドラ・モディ首相が現在、来日中です。
インド人民党を率いてさる5月の総選挙に圧勝したモディ氏は、人口12億、アジア3位の経済大国の首相に就任。
インドに新たな成長をもたらさんとするその経済政策はモディノミクスともいわれ、早くも世界から注目されています。

初の本格的外遊先に日本を選び、東京裁判で被告全員の無罪を主張したパール判事の名前を持ち出すあたりに、モディ首相の対日関係重視の姿勢が伝わってきます。
我が国にとっても、インドとの経済・安全保障両面でのパートナーシップ強化は、単にビジネス上のメリットにとどまらず、常軌を逸した軍事的拡張を続ける中国を牽制する上でも極めて大切であります。
また、唯物論大国・中国と天と地ほどに違う宗教大国・インドとは、精神的価値観の共有でも無限の可能性があると言えましょう。

因みに、私にとってのインドとは、
若き日の放浪の舞台であり、
人生の悩みや孤独を受け止めてくれた、激しくも懐の深い大地であります。

あまりに過酷な自然と、
悲しいほどに貧しい雲霞の如き群衆、そして貧富の格差、、
さらに、スパイスと路上に捨てられて腐った果物、さらには下水道不備が混じって醸し出す、あの何とも言えない街の匂い、、、。
遠路、せっかくインドを訪れても、あのパワーに圧倒されて高級ホテルに引きこもったり、予定を切り上げて帰国する日本人は当時も今も多いようですが、実はあの混沌の中に、未来への可能性が芽生えており、それは我が国の未来にも多大な影響を与えているのです。

昨年の天皇・皇后両陛下の御訪印に続く、今回のインド新首相の訪日が、新たな両国関係を築く節目となることを祈念いたします。