広告
幸福実現党 加藤文康 マイナス0.5%! 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 19:33:43 «Edit»
2015
01/13
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

マイナス0.5%! 


昨日、政府は26年度の実質GDP見通しについて、昨年夏に発表した予測数値(+1.2%)を大幅に下回る-0.5%に下方修正しました。

甘利明・経済再生担当相は、「消費増税に伴う駆け込み需要の反動減」などを、まるで他人事のように原因として挙げていますが、堅実な経済成長を実現して、国民生活を豊かにしていくのが政府の使命であることを忘れてしまったのでしょうか。

そもそも5%から8%へ消費を上げなければ、こんな事態にはなりませんでした。
原油安の恩恵も生かせず、リーマン・ショック以来、5年ぶりのマイナス成長、、、
上場企業のCEOなら、進退問題に発展する事態でしょう。

幸福実現党は先の総選挙でも、消費税の8%から5%への引き下げを政策として訴えました。
GDPの約6割を占める個人消費を痛めつける諸悪の元凶を見直すだけで、かなり景気は回復するはずだからです。
(勿論、中長期的には減税に加えて、効果的な経済成長戦略が必要となりますが。)

そのあたりが判らず、経団連会長を呼びつけては一方的な賃上げを民間企業に要請するあたりに、現・自民党政権の社会主義化、まさに末期症状も感じます。

8%から5%へ、
真理はシンプルな中にあります。