広告
幸福実現党 加藤文康 戦後70周年の重み 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:36:19 «Edit»
2015
01/19
Mon

Category:日々の加藤と仲間たち

戦後70周年の重み 


幾度となく言及してきましたが、本年は「戦後70周年、節目の年」です。

私も昨年末の総選挙で、「戦後70周年、節目の年」という言葉を街頭演説の常套句として使ってきたものですが、
この一年で、私たち日本人がどれだけ悪しき東京裁判・自虐史観を払しょくし、「日本の誇り」を取り戻せるか、、、
これで我が国の未来も大きく変わりましょう。

因みに、天皇陛下は本年元旦、新年恒例の「ご感想」の中で、
「本年は終戦から70年という節目の年に当たります。」 「この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています。」と述べておられました。

新年の「ご感想」で、「満州事変」という具体事例や、「極めて」という非常に強い表現が用いられること自体、異例であり、そこには陛下の何らかの強い思いが込められていると察して然るべきでしょう。

一部マスコミは早速、「8月の安倍談話を制する綸言か」などと書き立てていますが、果たしてそうなのか。
中国の軍事的脅威は、我が国危急存亡の危機であり、国難に他なりません。
〝今年こそ、国家・国民の権威を取り戻すべき一年にすべき”、という御心を、私如きはむしろ当然に感じてしまうのですが、、。

いずれにせよ、大切な一年になるのは間違いありません。