広告
幸福実現党 加藤文康 近づく 大阪都構想の住民投票  公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 10:38:24 «Edit»
2015
05/14
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

近づく 大阪都構想の住民投票  


いよいよ今度の日曜日、5月17日に橋下徹大阪市長が掲げる大阪都構想の賛否を問う住民投票が実施されます。

大阪維新の会が「大阪都構想こそが、関西州につながる唯一の道」と主張するように、今回の都構想が、東京・中央集権を打破して道州制へと、地方分権から地方主権を視野に入れたものであることは間違いありません。

折しも同じ17日、沖縄では米軍普天間基地の辺野古移設反対を訴える3万人規模の県民集会が開かれようとしておりますが、一地方自治体の首長の暴走で、国家の専権事項である安全保障問題が揺さぶられています。

私は大阪の活力向上、行政のスリム効率化、また日本各地に特性や個性を生かした地方都市が続々と繁栄していく将来を望むものですが、今回の大阪都構想には反対です。

今回の住民投票は、大都市法に基づき法的拘束力があります。
地方行政を企業経営と必ずしも同列に論ずるべきとは思いませんが、危機突破の際の王道は権限委譲ではなく、やはり権限集中です。
この国難の折、大阪都構想などで組織をいじるよりも、先にやるべきことはたくさん、あるはずです。
また、政治不信や様々な思惑から、「基地移設反対」やら「脱原発」、果ては「沖縄独立」まで、直接民主主義を求める風潮が強くなっている昨今だけになおさら、良識ある大阪の民意が投票で示されることを心から願う次第です。

大阪を中心に我が党の党員、支持者のみなさんも頑張っておられますが、さあ、投票まであと三日です。