広告
幸福実現党 加藤文康 サミット会場は広島で 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:23:26 «Edit»
2015
05/31
Sun

Category:日々の加藤と仲間たち

サミット会場は広島で 


来年、日本で開催される主要国首脳会議(サミット)の会場選びが本格化しています。

現在、候補として残っているのは、仙台、志摩、広島の3市のようですが、いずれも世界に向けて大きなメッセージ性をもった都市ばかりです。
因みに我が国のサミット会場といえば、当時の小渕首相が沖縄開催を決定するまでは3回連続で、あのベルサイユ宮殿を模した東京元赤坂の迎賓館でした。
本家フランスのいかにも貴族然とした貴族、バレリー・ジスカールデスタン大統領からバカにされていた時代から比べると、候補地選びもかなり進歩したと思います。

仙台市で、東日本大震災からの復興を発信するのか、
それとも志摩市で、伊勢神宮を頂点とする日本神道の精神性の高さを実感してもらうのか、
はたまた広島市で、戦後70年にわたる我が国の世界平和への貢献と、核兵器の悲惨さを世界にアピールするのか、、。

つい最近、中国が核拡散防止条約(NPT)再検討会議で暴れて、世界各国の指導者に被爆地・広島、長崎への訪問を促す一文が最終文書案から削除されたのは記憶に新しいところです。

ただ、いかに中国でも、サミット会場の選定まで内政干渉することはできないでしょう。

他の二都市も捨てがたいのですが、ここは思い切って広島市を選定し、習近平・中国国家主席にも特例としてオブザーバー参加の招待状を出しては如何でしょうか。

まあオブザーバーの件は冗談ですが、大事な判断になりますので、政府の検討の推移を注視したいと思います。