広告
幸福実現党 加藤文康 昭和は遠く なりにけり 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:59:38 «Edit»
2015
06/04
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

昭和は遠く なりにけり 


今回のAKB48総選挙ですが、272人の参加者中、昭和生まれはなんと梅田彩佳さん一人だと聞いて驚きながら、時代の移り変わりの早さを実感です。
草田男の一世一代の名句
”降る雪や 明治は遠く なりにけり” ではありませんが、まさに”昭和は遠く なりにけり” ですね。

振り返ると、昭和天皇が崩御された昭和64年1月7日未明、私は不慣れな予算査定の徹夜明けでした。
役所から山下公園あたりまで朝食を探しにフラフラと歩きながらも、凛とした夜明けの空気と、弔旗を用意する路上の店員さんらの姿に、時代が変わる瞬間を実感したのを思い出します。

昭和は激動の時代であり、悲しく苦しい敗戦もありました。
されど日本人の底力を実感する、右肩上がりの素晴らしい時代でもあったと思います。

そして、私たちは今、平成の時代を生きています。
後世、どのような時代であったと評されるのでしょうか。
ひたすら株価は下がり続け、国力は衰退、中国の覇権下に入った不幸な時代か、
それとも、
新たな繁栄、新たな国造りが始まった奇跡の時代か、、。

それを決めるのは、私たち国民一人ひとりであります。
勿論、幸福実現党は後者の可能性を実現すべく、平成の世の現在、全力で戦っているのです。
皆さんと力を併せて、素晴らしい時代を築きたいものです。

以上、AKB48の話題から始まった、今日の雑感でした。