広告
幸福実現党 加藤文康 ギリシャ国民投票を前に 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 15:27:08 «Edit»
2015
07/04
Sat

Category:日々の加藤と仲間たち

ギリシャ国民投票を前に 


今週は、月曜日の全世界での株価急落に始まり、ギリシャに振り回された一週間でしたね。
そして明日5日は、EUなどが示した財政再建案の賛否を問う国民投票です。

既にATMでの現金引き出し制限や給与の未払いに始まり、品不足(のうわさ)による買いだめ、海外送金やクレジットカード使用の制限と、かの国の市民生活は大混乱のようですが、国民投票の結果次第では、銀行破たんに端を発する経済の崩壊が現実味を帯びてきます。

チプラス首相は、EUを巨大な敵と見なし、その脅迫によりギリシャのプライドが傷つけられた、と大衆迎合の訴えを貫いています。
まあ、一部、同情すべきもなくはありませんが、やはりその主張は間違いです。
マクロで見る限り、今日のギリシャの危機的事態は、
もともと稼ぎの少ない国民が、将来への貯蓄や投資をせずに、外国からの借金頼りで分不相応な消費生活を続けてきた結果なのですから。

約束通りに借金を返せなかったことは素直にお詫びし、分不相応な生活は改める、
そして、勤勉な自助努力の精神と、健全な資本主義の精神を取り戻す機会とする。
これが神仏の目からみた正しい国家運営であり、未来へのビジョンも示しながら、国民に団結を求めていくのが正しい政治指導者の姿でありましょう。

明日の日曜日、
国民投票の結果がどちらになろうと、ギリシャにとって茨の道(そして、世界経済にとっての不安材料)は続きますが、西洋文明の揺籃にして、民主主義の発祥の地の誇り高き末裔が、まずは一歩、国家再建に向けて正しい判断を下すことを望むばかりです。