広告
幸福実現党 加藤文康  いじめ撲滅は私たち大人の責任 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 14:13:52 «Edit»
2015
07/17
Fri

Category:日々の加藤と仲間たち

 いじめ撲滅は私たち大人の責任 


7月5日、岩手県矢巾町で中2の男子生徒が、いじめを苦に自殺してから2週間近く経ちますが、日を重ねる毎に問題の根深さを痛感させられます。

生活記録ノートの「もう市(死※)ぬ場所はきまっているんですけどね。まあいいか。」という生徒からの悲痛はメッセージに対して、
担任からの答は「明日からの研修 楽しみましょうね。」
記者会見で校長は、「担任から聞いていない。いじめは否定できないが、あれば私に報告があるはずだ。」

「いじめから子供を守ろうネットワーク」の井澤一明代表と改めてお話ししました。o0200030012575597169.png
まだまだ現場には、「学校とはもめるな。妙な声を上げる保護者のほうが悪い」という風潮がはびこっており、「いじめられる子のほうに問題がある」という考えが根強いとのこと。悲しくなります。

幸福実現党は立党当初より、どの政党よりも早く、いじめ防止のための法案整備の必要性を訴えて、それが一定の力となり、「いじめ防止推進法」が2013年に成立しましたが、この程度の内容ではまだ不十分です。
特に、”いじめを放置、隠蔽、またはいじめに加担した教師に対する処罰規定”がありません。学校内で生徒の安全を確保できる責任ある大人は教師しかいないのですから、この規定はやはり必要でしょう。
また、”いじめは犯罪であり、自殺者が後を絶たない”以上、いじめ加害者は少年であろうとも、警察や行政機関と連携したもっと毅然たる対処指針を打ち出さなければなりません。

いじめをなくすのは、私たち大人の責任です。
みなさん、
正義と秩序、やさしさと思いやりに満ちた学校づくりのために、今後も頑張ってまいりましょう。