広告
幸福実現党 加藤文康  どうなるTPP!? 今こそ必要な大局的視点 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:58:38 «Edit»
2015
08/04
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

 どうなるTPP!? 今こそ必要な大局的視点 


TPP交渉が暗礁に乗り上げてしまいました。

「最後の会合」と関係各国が意気込んで乗り込んだ、先般のマウイ島での閣僚協議ですが、98%は決着済なのに、あとの2%で合意見送りとなり、パズルのピースをはめ込むような多国間協議の難しさを改めて実感させられました。

オーストラリアやニュージーランドなど、土壇場で自国の利益に固執する国への批判も聞こえてきますが、
むしろ、本来、交渉を主導すべき立場にありながら、関税などの些細な扱いで対立を続けてきた日米両国の責任こそ大きなものがありましょう。

各国の政治日程を考えると、8月末と言われる次回閣僚会合がまさにデッドラインでしょう。
現在の国際情勢を見る限り、
TPPは、
通商国家・日本にとって今後の成長戦略の柱であり、
アジアインフラ投資銀行(AIIB)を軸に経済覇権の構築に急ぐあの中国に屈することなく、我が国が生き残るための生命線でもあります。
考えるまでもなく、自明のことではないですか。

マウイ島には、JA全中の会長やら利害関係者が多々、押しかけて騒々しかったようですが、
現在の安保法制の審議然り、
私たち国民一人ひとりが、より大局的な観点でこの国の将来を考えるべき時が来ていると思います。

以上、猛暑でフラフラの中での雑感でした、、。

明日も暑いようですね
皆さん、ご自愛下さい