広告
幸福実現党 加藤文康  三菱マテの安易な和解交渉を危惧する 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 16:08:58 «Edit»
2015
08/05
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

 三菱マテの安易な和解交渉を危惧する 


三菱マテリアルが、戦時中に中国人を日本に強制連行したとされる問題で、元労働者グループとの和解交渉を進めています。和解金額も一人あたり約200万円と決して安いものではありません。

されど、そもそも1972年の日中国交正常化に伴う日中共同声明で、中国側の日本に対する戦争賠償請求の放棄がうたわれており、これは国家間のみならず、個人の賠償請求権にも当てはまります。
三菱マテは国際法に基づき、中国側の請求など突っぱねるべきなのですが、そこは、今も中国各地で事業を展開する弱みもあり、泣く泣く「和解」に応じるのでしょう。

しかし、下手な先例を作れば、それこそ中国は図に乗り、他の日本企業が今後、蒙るであろう悪影響も計り知れません。
中国人グループが続々と日本企業に金銭要求を吹っかけてくる背後には、自虐史観で日本をけん制し続けたい中共政府の意向が働いてい以上、一民間企業が対応できることには限りもありましょう。
政府には、民間同士の問題と傍観するのではなく、より矢面に立った毅然とした対応を求める次第です。

それにしても、8月15日の「戦後70年 首相新談話」まであと数日、、。
その内容が、ますます重要になってきたと思います。