広告
幸福実現党 加藤文康  首相、やはり靖国参拝は見送りですか? 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 15:10:09 «Edit»
2015
08/09
Sun

Category:日々の加藤と仲間たち

 首相、やはり靖国参拝は見送りですか? 


本日8月9日、長崎に原爆が投下されてから70年目の日を迎えました。
犠牲になられた全ての御霊に哀悼の誠を捧げさせて頂きます。

そして、8月15日には終戦から70年目の日を迎えます。
新首相談話は、閣議決定すること自体は決まったようですが、その分、内容はマスコミ報道や漏れ伝わってくる情報を聞く限り、「日本の誇りを取り戻す」ものには、まだ不十分なものになりそうです。

また首相は、15日の靖国神社への参拝も見送る方針のようです。
一昨年2013年12月に、中韓の反発を覚悟の上で参拝したその勇気を、私は評価いたします。
されど、こんな特に意味合いのない日に参拝するのならば、むしろ、万難を排して70年目の大いなる節目の日に参拝して欲しいと願うのは、私だけではないはずです。

最後はトップの決断一つ。
首相には、
「私費での玉串料奉納」ではなく、電撃的な靖国参拝を実現してもらいたいし、新首相談話にしても、原稿に自ら大胆に手を入れてもらいたいものです。
もちろん、マスコミや左翼勢力、中韓などは一時的に大騒ぎするでしょうが、建国以来の神々は喝采、必ずや支援の手を差し向けて下さることでしょう。
「人間心で判断に迷ったら、神仏の御心を忖度する」、これが政治の原点であると思います。

世間は今日あたりから来週いっぱいまで、お盆休みモードに入りましたが、我が国の将来を賭けた暑い、熱い夏は続きます。