広告
幸福実現党 加藤文康  頑張れ ホンダジェット! 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 19:03:48 «Edit»
2015
09/09
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

 頑張れ ホンダジェット! 


ホンダが開発した小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の納入が、米国で間もなく始まります。

「いつかは空に羽ばたきたい」
創業者の本田宗一郎氏が町工場のオヤジだった頃から抱き続けてきた夢が、50年以上の歳月を経てついに実現です。
実に素晴らしいことですね。

主翼の上にエンジンを載せた独特のデザインに、ホンダの技術を結晶させた燃費の良さ、さらに随所に見受けられる日本的な優しさときめ細やかさ、、。
現在、欧米が80%以上を占めると言われる小型ビジネスジェット機市場ですが、トヨタや日産でも実現できなかったホンダのチャンレンジに喝采を贈りたいと思います。

因みに、過日の報道で私も知りましたが、
日本通信の三田聖二会長が、日本人して、ホンダジェットの購入予約者の第一号になったとのことです。
「せっかく日本企業が開発したのに、アメリカ人ばかりで、日本人が一人も買わないのは問題だ」と、一機450万ドルの購入を発奮されたとのこと。
アッパレな心意気ですね。

宇宙・航空産業には、無限の将来性が秘められています。
これを成長政策の柱の一つとして開花させることで、国家や社会をもっと豊かにしていきたい、、
新たな可能性溢れる未来を拓いていきたい、、
それが、幸福実現党の立党以来の着眼であり、政策でもあります。

今秋、公開の映画「UFO学園の秘密」(大川隆法・制作総指揮、幸福の科学出版作品、配給・日活)にしても、
一見、荒唐無稽なアニメ映画に見えましょうが、根底には宇宙や広大無辺な天空の可能性に、多くの方に目を向けて頂きたいという願いが込められています。

さて、再びホンダジェットですが、
首相の搭乗となると危機管理上、それなりの問題がありましょうが、国務大臣クラスなら問題ないはずです。
政府は率先して同機を2~3機購入して、勇気ある民間企業の挑戦を支援してはいかがでしょうか。

因みに前回のブログでも触れましたが、
消費税の軽減税率導入に替わって政府が進めるヘンチクリンな給付制度導入のための初期費用だけで3000億円程度の国費がかかるそうです。
血税のもっと有効な使い方を考えろ! です。
ホンダジェットを政府が購入したとしても、 こんな財務省高官だけは乗せたくないですね(笑)。
ではまた。



 e13-l.jpg
 ホンダジェット  本田技研工業(株)HPより