広告
幸福実現党 加藤文康  平成の大仏建立、、、 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:14:27 «Edit»
2015
09/16
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

 平成の大仏建立、、、 


甚大な浸水被害をもたらした東日本豪雨に続いて、今度は阿蘇山の噴火、、
今の日本は、地震に火山噴火、そして洪水と、あらゆる自然災害続きです。
被災地の皆様に、改めて心よりお見舞い申し上げます。

災害に強い強靭な国土作りは政治の大切な使命であり、我が党は立党以来、災害対策の大切さを一貫して訴えてきました。
されど一方、数十年に一度の異常事態に人間の努力だけで全て対処するのは、悲しいかな、不可能であるのも現実です。

薬師経や仁王経、法華経等、仏典の七難ではありませんが、
古来、相次ぐ天災の背景には、人心・世相の乱れと、それに対する天(神仏)の怒りや警告が込められている、とされてきました。
これは迷信などではなく、科学が隆盛する現代においても揺るがない真実であります。

さすがに多くの国民も、「これは何かおかしい」と感じ始め、ネット上では「今こそ、大仏建立を!」などの声が上がり始めているようです。ネット特有の冗談ではなく、国民の声なき声、言いようのない不安を代弁したホンネでありましょう。

何兆円もの災害対策も必要です。続けていかなければなりません。
されど、
もっと効果的な、
お金のかからない、
そして国民全体で真剣に取り組むべき災害対策があります。
それが、「神仏を敬う心」を取り戻すことなのです。

こんな主張、宗教政党「幸福実現党」以外にはできませんが、だからこそ、私たちの使命は大きいし、存在意義もあるのです。
このあたりは、機会を改めてさらに言及したいと思います。

閑話休題、
安保法案もいよいよ可決に向けた動きですね。
国会周辺も騒がしい限りです。
ではまた。