広告
幸福実現党 加藤文康   葛西敬之氏「私の履歴書」に想う (3) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:22:21 «Edit»
2015
10/20
Tue

Category:日々の加藤と仲間たち

  葛西敬之氏「私の履歴書」に想う (3) 


葛西敬之氏が日経新聞に掲載中の「私の履歴書」を読みながら、三日間に渡り、想うところをブログに綴って参りました。

国鉄民営化という困難を極める事業であってもいざとなれば、思いのほかすんなりと実行が可能でした。
いつの時代も、ほんの一握りながら、信念と正義を重んじる勇気ある人々が歴史の偉業を成し遂げてきたのです。
改めてそうした真実を教えてくれた掲載だと思います。

因みに、私の鎌田電報電話局時代のエピソード、大した内容でもなく、もう続きを書くのはやめようと思ったのですが、案外、ご要望がありまして、、、
以下、その後の顛末です。

NTTの新入社員時代、始業前に電話局内外の早朝清掃を自主的に始めたことは、前回のブログで述べたとおりです。
早朝特有の爽快感や、意外な人々との触れ合いがあり、それなりに楽しく続けていたのですが、そんな私のところに突然すごんで現れたのが、我らが電報電話局の労働組合幹部でした。
要は、「就業規則外のことはするな! 一人だけいいかっこするな!」 ということのようでした。
(因みに、私は電話局でただ一人の本社採用、しかも数人しかいない頑固な非組合員ということで、何かと目をつけられる存在でした。)

連中に指図される覚えなどない、
されど私がここで我を通せば、日頃お世話になっている上司の課長(管理職で非組合員)が突き上げられますので、ここは一旦、不本意ながら早朝清掃をやめることにしました。
しかし、ホント、労働組合に対しては釈然としないものが残りました~。

それから数日後、私は再び労働組合絡みで事件(笑)に巻き込まれます。
旧東京二区から社会党公認で衆院に連続当選しているU氏の総決起集会があるので参加せよ、それが無理なら、せめて組合旗に寄せ書きをせよ、と件の組合幹部からの要求です。
「NHKの闇将軍」とか、そんな異名で恐れられていたU氏でしたが、どうせ組合を使ってNHKに害毒をまき散らしてきたことくらい、新入社員の私でも一目瞭然です。
寄せ書きなど、絶対にしたくはありません。

しかし、「ここは大人の態度で何か書けよ!」と上司の課長が困り切った顔で目配せで、真昼間の職場には、しーーんとした緊張が走ります。
どうしたらいいんだろう、、
マジックペンを手に取った私が、旗に瞬間的に書いたのが、確か「祈る 最後まで独自の戦いを!」のワンフレーズでした。

課長は思わずホッとした表情、
今晩の居酒屋、この話題で盛り上がろうと思っていた職場の皆さんはいっそうの乱闘(笑)を期待していただけに落胆といった表情。
でも、職場はすぐにいつもの状態へ戻り、労働組合の幹部諸氏も「ついに加藤を落城させた」と意気揚々の表情で引き上げてきました。

しかし数日後、労働組合の幹部が怒り心頭だと耳に入ってきました。
まあ、それもそうですよね。
「独自の戦い」なんて、マスコミが落選確実の泡沫候補に使う常套句なのですから(笑)。

私はそれから間もなく、本社のファイナンス室・国際金融担当に異動になりました。
若気の至り、諸先輩への無礼な態度を今となっては心より申し訳なく思う次第ですが、同時に一抹の重苦しさが胸に残った一件でもありました。

まとまりのない内容になってしまいましたね。
明日からまた心機一転、新たなテーマを取り上げて参りますので、宜しくお願い致します。



 20151018_133203.jpg