広告
幸福実現党 加藤文康  バラマキからは何も生まれない! 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 00:41:50 «Edit»
2015
12/09
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

 バラマキからは何も生まれない! 


総額3.3兆円の2015年度補正予算の概要が固まりました。

年末恒例にして、補正額としても大した金額でないこともあり、マスコミ報道は控えめですが、私はその内容に空恐ろしさを感じてしまいます。

「1億総活躍社会」対策として1.2兆円の計上自体は結構ですが、
その内訳を見ると、
介護離職ゼロに向けた施設整備に1400億円、
低所得の年金受給者に一人あたり3万円の臨時給付金で3400億円、
希望出生率1.8の実現に向けた保育所の整備等に1300億円、
一人親家庭への支援に300億円、等々、
見事な「バラマキ」の連続です。

何とか安保法案を成立させたものの青色吐息となった安倍政権が、ここで政策の軸足を、安保や憲法といった硬派なものから、「新3本の矢」で国民のウケがいい社会保障に大きく舵を切ったのは明らかです。
これは見方を変えれば、幸福実現党がかねてから主張し、「旧3本の矢」でも謳われていた「規制緩和による成長戦略路線」から、旧来の「バラマキ路線」へ逆戻りしたといえましょう。

それにしても、大企業への賃上げ要求に、ケイタイ電話料金の値下げ要請等、最近の安倍政権、おかしいですね。

日本は今、
高い税金に大きな政府、
国民の自由と社会の活力がじわじわと蝕まれるく国家社会主義、衰退と亡国への道を歩んでいます。
しかも、それが保守本流を自認する自民党・安倍政権のもとで進行しているところに、笑えない悲劇があります。

「自由の大国」を目指す幸福実現党の使命は、やはり、限りなく大きなものがあるのです。


忙しい師走の日々が続きますね。 皆さん、共に頑張りましょう!