広告
幸福実現党 加藤文康  「司法の暴走」を許すな! ―高浜原発 運転差し止め―  公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 23:56:18 «Edit»
2016
03/10
Thu

Category:日々の加藤と仲間たち

 「司法の暴走」を許すな! ―高浜原発 運転差し止め―  


大津地裁が、福井県の関西電力高浜原発3,4号機の運転差し止めを命じる仮処分を出しました。

お隣り滋賀県の、わずか29名の住民が起こした無理難題な訴えを真に受け、約10万頁に渡る関電が提出した資料をベースに、原子力規制委員会が2年3か月に渡って詳細に検討して導いた「原発再稼働」という結論を、原子力に関してはずぶの素人である裁判官が、「ゼロリスク」という自らが設定した安全基準をを押し付けて、わずか4回の審問で覆した訳です。

こんなメチャクチャを許していては、電力不足や電気料金の上昇といった目先の不都合だけでなくく、日本のエネルギー安保政策そのものが崩壊してしまいます。
「3.11」から5年目を目前にこうした決定を出すところなど、実に確信的な「司法の暴走」と言えましょう。

そもそも、国家統治の根本にかかわる高度に政治的な課題に対しては、司法は関与を抑制すべきであるし、場合によっては司法審査の対象から除外すべきです。
専門的な「統治行為論」に深入りするつもりはありませんが、たとえば、日米安保や自衛隊の合憲性等、高度に政治的なテーマは、主権者である国民の代表によって構成される国会が選出した内閣が責任をもって判断すべきであり、国民から選出された訳でもない裁判官があれこれ口出ししてくるのは、やはり世間常識から見ても異常なことと言えましょう。

沖縄を基点とした反基地闘争で日米安保にくさびを打ち込み、
同じく、反原発運動で我が国のエネルギー安保を危機的状況に追い込むのが、
中国共産党の恐るべき対日攻略戦略であることを見抜かなければなりません。

脱原発を求める声は根強くありますが、幸福実現党はその誤りや危険性をしっかり指摘しつつ、原発再稼働の重要性を引き続き訴えてまいります。



 
追伸: 昨日、青森県庁記者クラブで、三国ゆうき 公認決定の記者会見でした。
    頑張れ三国ゆうき!
 1914296_861447437334312_436344448141405448_n.jpg   12801387_861777127301343_1570834887652275473_n.jpg