広告
幸福実現党 加藤文康  オバマ大統領 広島訪問 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 17:22:35 «Edit»
2016
04/22
Fri

Category:日々の加藤と仲間たち

 オバマ大統領 広島訪問 


熊本地震の被災地には冷たい大雨が降るなど、二次災害への不安が高まっています。
被災地の復興が一日も早く進むことを祈るばかりです。

そんなさなか、オバマ米大統領が伊勢志摩サミットの直後、5月27日を軸に被爆地・広島を訪問し、核廃絶に向けた演説も行う方針を固めた模様です。
「核兵器なき世界」を掲げるオバマ大統領の広島訪問は、世界の耳目関心が核問題に向くことになりますので、それ自体は歓迎したいと思います。

されど、政府・自民党が、とりあえず大統領を広島に連れてくることでサミットでの外交成果とし、夏の参院選への好材料にするつもりだったら、それは左翼系平和勢力を勢いづかせるだけで終わりましょう。
71年前に広島・長崎に原爆を投下したのは、アメリカ合衆国であります。
やはりオバマ大統領に対しては、謝罪や遺憾の意の表明を求めなければなりません。
また、日本の近辺には、今なお核兵器で恫喝姿勢を強めるような国家が存在している現実を世界に広く伝えて、世界全体でこうした愚かな国の暴走を牽制する環境作りに努めるべきです。
因みに、オバマ大統領にとっても、過去の歴史を直視し、謝罪すべきは謝罪してこそ在任中の真のレガシーとなることでしょう。

政府・自民党には、国家としての毅然たる対応を求め、
オバマ大統領には、人類史に残る英断を期待するものであります。




 10653375_826263574186032_6794984535428379041_n.jpg