広告
幸福実現党 加藤文康  オバマ・広島訪問がもたらす未来 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 21:53:44 «Edit»
2016
05/13
Fri

Category:日々の加藤と仲間たち

 オバマ・広島訪問がもたらす未来 


バラク・オバマ米大統領が、伊勢志摩サミット閉幕後の今月27日に広島を訪問です。
現職大統領の訪問により、世界の関心が核兵器の悲惨さに寄せられることになるのは実に意義深いことであり、戦後史の大きな転換点にもなりましょう。

されど、今回のオバマ・広島訪問、
やや突き放した目で見れば、
「核なき世界」を訴えてノーベル平和賞を受賞したオバマ氏にとっては、恰好のレガシー(政治的遺産)作りにほかならず、
参院選を目前に控えた安倍・自民党にとっては、
謝罪問題は棚上げしたまま、外交成果をアピールする格好の機会そのものです。
さらに、「反核」「平和」の左翼陣営にとっては、
「原発反対」まで射程に勢力を拡張する恰好の機会となりましょう。

「核なき世界」、
私も当然ながら、それを望みます、
されど、我が国周辺には、露骨に核大国をめざし、その先制使用も辞さない恐ろしい独裁国家が存在していることを忘れてはなりません。
アメリカが安易にそれをアピールすれば、日本にとっては「核の傘」が失われ、
日本が安易にそれをアピールすれば、核保有という、主権国家として当然の選択肢を自ら放棄することにつながります。

G7首脳を伊勢神宮に案内し、オバマを広島まで連れていくことで人気急上昇を狙うことで頭が一杯の安倍首相には、その負の影響など、とても理解が及ばないのでしょう。

愛してるから、黙ってられない。
誰かが言わなければなりません。
幸福実現党は、我が国の「核保有」議論を、今後も率先してリードしていく覚悟です。







 _A2_0319.jpg

 _A3_3191.jpg 
 5月11日、大阪城ホールでの立党7周年大会は、全国に衛星中継される中、大盛況に終わりました。
 皆様、ありがとうございました。
 さあ、真夏の参院選に向けて、全力疾走です!