広告
幸福実現党 加藤文康 安倍首相の消費増税の再延期表明を受けて(党声明) 公式ブログ

加藤文康(かとうぶんこう)のブログです。

 

 

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

最新情報

検索フォーム

ご意見等

Copy right

このページの記事一覧
Posted on 20:50:29 «Edit»
2016
06/01
Wed

Category:日々の加藤と仲間たち

安倍首相の消費増税の再延期表明を受けて(党声明) 


本日、以下の党声明を発表しました。

「安倍首相が、来年4月に予定していた消費税率 10%への引き上げを、2019 年 10 月まで
再延期すると表明しました。しかしながら、選挙対策上の思惑から再増税を延期したとこ
ろで、景気への大きな効果は見込めません。内需を冷やす消費増税を即刻中止するととも
に、税率を5%に引き下げるべきというのが、わが党の考えです。
会見で、首相は今秋、経済対策を講じる考えも明らかにしました。総選挙もにらみ、景
気テコ入れに“カンフル剤”で対処する考えでしょうが、政府がなすべきは、場当たり的
な施策ではなく、民間主導の持続的な成長に向けた環境整備にほかなりません。
そもそも安倍政権は、「3本の矢」と称する金融緩和と財政出動、成長戦略の政策パッケ
ージによって、デフレから脱却し、富の拡大を図ろうとしていました。アベノミクスの考
え方は、わが党が 2009 年の立党以来、訴えてきた経済政策と方向性を同じくします。
このシナリオを破綻させたのが、一昨年春の8%への消費増税です。わが党は「消費増
税は日本経済の沈没を招く」と主張してきましたが、消費税率の引き上げが、国内総生産
(GDP)の6割を占める個人消費の冷え込みをもたらし、景気失速を招いたことは明らか
です。国民生活や経済活動の足かせとなる増税を取りやめ、減税など、個人や民間の自由
を拡大する政策遂行により、日本経済の活性化を促すべきです。
安倍首相は先般の伊勢志摩サミットで、リーマン・ショックを引き合いに、「世界経済が
危機に陥る大きなリスクに直面している」として、各国に財政出動を求めました。アベノ
ミクスの失敗を外部要因に責任転嫁し、さらには増税延期のアリバイとするのは、あまり
にも姑息だと言うほかありません。
「財政再建や社会保障財源の確保のためには増税が必要」との主張もみられますが、性
急な財政再建は経済規模の縮小をもたらしかねません。景気下押しの主因となる増税では
なく、高い経済成長がもたらす自然増収による、増税に依存しない財政再建を目指すべき
です。成長を通じた税収増を図ることで財政が健全化し、また抜本改革を前提として社会
保障制度も維持できると考えます。
財政赤字を 1000 兆円以上に膨張させた大きな責任は、長年の間、集票目当ての利益誘
導・バラマキ政治を行ってきた歴代の自民党政権にあります。失政のツケを国民に押し付
けるのは言語道断であり、政府・自民党は経済財政運営の失敗を認めるべきです。
増税路線はもとより、経済界への賃上げ要請やマイナンバー制度の拡大など、安倍政権
の政策運営は、国民生活への介入により、自由を抑圧するものと断ぜざるを得ません。こ
の国の繁栄のために必要なのは、国家統制型の政治手法と決別し、国民の自由を拡げる政
治の実現だと確信します。わが党は、消費減税をはじめとする大胆な減税や規制緩和など、
「自由の大国」を目指した政策を掲げて、参院選に臨む所存です。」





 安倍首相の消費増税再延期の記者会見を受けて、本日夕方、品川駅前にて街宣。
 各党幹部も、いくつかの駅前で街宣していました。 
 さあ、いよいよ参院選、真夏の決戦に突入です! 
 unnamed.jpg